おっぱい(バスト)を大きくする為にした事

授乳期のビッグサイズのおっぱいを取り戻すために

 

私のおっぱいは、もともとは控えめなサイズだったのね。少し残念には思っていたけれど、コンプレックスというほどではなかったのね。

 

でも出産してから、母乳の影響でおっぱいがサイズアップしたんだ。具体的には、Bカップのブラジャーで多少隙間ができるくらいだったおっぱいが、Dカップのブラジャーでもきついくらいになったの。

 

ひそかに憧れていたビッグサイズのおっぱいになれたから、私はとても嬉しかったの。でもこれは、母乳のおかげだから、授乳期が終わると、再びおっぱいは小さくなってしまったんだ。しかも赤ちゃんに吸われることで引っ張られ続けていたから、皮膚がすっかりたるんでしまったのね。その結果、小さくなった上に垂れてしまったの。

 

喜びが大きかっただけにショックも大きくて、だから私は、ビッグサイズのおっぱいを取り戻すために、バストアップサプリメントを飲むことにしたの。授乳期にサイズアップするのは、乳腺が発達するからなのだけれど、バストアップサプリメントにも、乳腺を指摘して発達させる作用があるんだよね。

 

サプリメントでバストアップ
バストアップに効果があるとされているサプリメントはたくさん販売されています。 大抵のサプリメントはバストアップに高い効果があるとされる、プエラリアが配合されている物がほとんどですが、プエラリアの含有量はメーカーによって全く違います。 また、その他様々な成分とミックスされて販売されている物も多々あります。

 

おかげで飲み始めてから、授乳期と同じようにおっぱいがムズムズとすることが増えてきたんだ。特に夜寝ている間には、強くムズムズしたし、火照ることもあったよ。乳腺が刺激されている証拠だから、とても嬉しかったし、期待して飲み続けることができたよ。

 

おかげで、私はずいぶんおっぱいを大きくすることができたの。今ではCカップのブラジャーがちょうどいいくらいだね。垂れも改善されてきて、若々しい膨らみに見えるようになってきたよ。

 

でもまだ授乳期の状態には程遠いから、これからもバストアップサプリメントを飲み続けるつもりでいるよ。

 

 

イソフラボンの摂取とマッサージ

 

私はおっぱいを大きくするために、イソフラボンを積極的に摂取したよ。

 

イソフラボンは体内で女性ホルモンと同じような働きをする成分だし、女性ホルモンはおっぱいに脂肪をためて大きくする働きをするんだ。だからイソフラボンを摂取すれば、それだけおっぱいを大きくすることが可能になるってわけ。

 

具体的には私は、イソフラボンをサプリメントと豆乳を飲むことで摂取したよ。サプリメントは寝る前に飲んだの。これは、夜の間に分泌される成長ホルモンとの相乗効果を出すためだよ。

 

そして豆乳は、バナナやほうれん草と混ぜてグリーンスムージーにして、朝食代わりに飲んだの。イソフラボンによって、おっぱいではなく体の他の部分に脂肪がたまったら嫌だよね。だから、グリーンスムージーによる置き換えダイエットをすることで、スリムな体を維持しつつバストアップ効果を出していこうと思ったの。

 

それから私は、単におっぱいを大きくするだけじゃなく、きれいな形にしたかったのね。だから入浴時にマッサージもするようにしたよ。おっぱいの周辺の脂肪をきれいな形になるように寄せ集めて、その状態でしばらくキープするというマッサージだよ。

 

こういった努力の結果、私のおっぱいは以前と比べると、ふっくらとした丸みのある、魅力的な状態になったよ。サイズアップした上にハリが出て、谷間がきれいに見えるようになったから、最近は胸元の開いた服でおしゃれをすることを楽しんでいるよ。

 

バストアップサプリは胸を大きくしたい方の為のサプリ
バストが小さくてお悩みの女性は少なくありません。そんな女性たちが近頃注目しているものにバストアップサプリがあります。バストアップサプリというのはその名の通りバストのサイズを大きくすることを目的として作られたサプリメントです。そしてバストアップサプリにはプエラリアなどバストを大きく成長させるための有効成分がたくさん配合されています。しかしバストアップに有効な成分はどれも女性ホルモンに作用するものであるため摂取方法を間違ってしまうとホルモンバランスを崩す原因にもなりますので注意しなければなりません。

毎日就寝前におっぱいを大きくするマッサージをするように

 

私のおっぱいは、正直とても小さいです。痩せているという理由もありますが、ブラジャーをつけなくても全く問題ないほどの大きさです。もちろんサイズはAカップですが、それでもまだカップに余裕があると言えるほどです。

 

そんな私のおっぱいを見た子供が、何故ママのおっぱいは小さいの?と言いました。その瞬間、子供でも私のおっぱいは小さいと思うのだな、と感じました。少しショックだったこともあり、それからは毎日就寝前におっぱいを大きくするマッサージをするようにしました。

 

インターネットで様々なマッサージ方法を調べましたが、その中で一番効果がありそうなものを選んで、毎日実践しています。そのマッサージ方法について、簡単に述べてみたいと思います。

 

まず、二の腕のぜい肉を、脇のあたりまで引き上げます。その後、そのぜい肉と背中のぜい肉を胸に向かって引き寄せます。この時、必ず身体を前のめりにしながら引き寄せることがポイントです。

 

こうすることで、背中のぜい肉を引き寄せやすくなります。これを何度も繰り返して行うのみです。

 

この方法を選んだ理由ですが、学生時代にブラジャーを購入した際、つける時は必ず前のめりになった状態でつける方が良いと教わったからです。その方が、おっぱいのお肉がカップにきれいに入るらしく、一番きれいなバストの形になると言われたことがあり、それを思い出したからです。

 

すぐに効果があらわれると言うわけではありませんが、大きさも若干異なっていたおっぱいが、少しずつ同じような大きさになっていると実感しています。これからもマッサージを実践して、子供にもどうどうと見せれる大きさにしたいと思っています。

 

参考:バストアップの感想